京都府城陽市の京都きづ川病院 京都中核の病院として、診療機能充実、地元医療機関との連携を目指します。

>
きづ川病院
>
>
>
小児科

医療部

 

小児科

わたしの街の小児科

  きづ川クリニック小児科外来を中心に、地域に根ざした、地域のための小児科プライマリケアを提供します。こどもは小さなおとなではありません。小児特有の疾患、小児の発達と成長を踏まえた小児科専門医療が必要です。きづ川の小児科では、重大な疾患の早期発見に留意しながら、訪れる子どもさん、親ごさんに安心していただけるような医療をめざしています。

 

他医療機関との連携

  地域の開業医院の先生方より小児疾患の多数の紹介をいただいています。
より専門的治療、集中治療等が必要な場合は、滋賀医科大学、宇治徳洲会病院、田辺中央病院、第二岡本総合病院、宇治武田病院などと連携して治療を行っています。
また、RSウイルスモノクローナル抗体(シナジス)の定期接種を、早産低出生重児や循環器疾患を持つ赤ちゃんの主治医、主管医療施設から委託されて行っています。

 

主な疾患

  • 様々のウイルス・細菌感染
  • かぜ症候群
  • とびひなどの感染症(上気道炎、肺炎、気管支炎、腸炎等)
  • 気管支ぜんそく
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性鼻炎などのアトピー疾患
  • 夜尿症
  • 成長障害
  • 発達障害
  • 腎疾患
  • 神経疾患
  • 起立性調節障害
  • 循環器疾患
  • 育児相談

 

予防接種

  • 麻疹・風疹混合ワクチン
  • 麻疹ワクチン
  • 風疹ワクチン
  • 三種混合(DPT)ワクチン
  • 二種混合(DT)ワクチン
  • 日本脳炎ワクチン
  • 水痘、おたふくかぜ、B型肝炎
  • ヒブワクチン(インフルエンザ菌b型ワクチン)
  • 季節性インフルエンザワクチン
  • BCG
  • シナジス(RSウイルスモノクローナル抗体)